夏本番前に知っておきたい!高校生の胸ニキビについて

一般的に、6月から8月までの3か月間を夏と言います。
特に7月8月は気温が30度以上を観測する真夏日や最低気温が25度以上の熱帯夜などとにかく暑い日が続きます。
暑い日が続くということは、それだけ汗をかくことが増えるということです。
高校生だと毎日制服で余計に汗をかきますよね。
さらに油なども浮き出やすくなり、結果として冬などの涼しい時期と比べると体が不潔になりやすくなります。
そのため、汗がたまりやすい胸や背中などにニキビができてしまうことがあります。

特に胸のニキビに困った経験のある高校生は多いように思います。
女性は生理前などになるとニキビができやすくなったりする方もいると思うので大変です。
出来た場所によっては服や肌とこすれて痛みを感じたりすることもあり、予防が必要です。

胸ニキビの原因とは?
そもそも胸に出来るニキビ、胸ニキビはどうしてできるのでしょうか?
原因としては色々とあり、まずはストレスなどの精神面。
女子高校生特有の人間関係ってありますよね。そのストレスに悩まされる女子高生も多いでしょう。
次に乱れた食生活。
偏った食事をとっていると体の様々な部分に不調が現れます。
次は胸周辺が不潔な状態である場合です。ただでさえ胸は汗などがたまりやすいので、不潔な状態になりやすいです。
また、着用する衣服などによっても衛生状態が悪化することもあります。
最後にマラセチア菌です。
カビの一種だそうですが、これによってニキビ(のような)物が出来てしまいうことがあります。マラセチアによってできた炎症のため、マラセチア毛包炎と呼びます。

胸ニキビの予防方法として、まずは毎日のケアが大切です。
ニキビが出来ないことが一番いいですよね。そのためのケア商品を以下にご紹介します。
⇒⇒⇒胸ニキビを治したい!高校生のデコルテにきび対策!【決定版】

さらに、ストレスの場合はなるべくストレスを受けない環境にするか、ストレスを発散する方法などを見つけるのが良いでしょう。
食事もバランスの良い健康的なものに切り替えるのも良いと思います。
また、睡眠不足も不調の元なので、食事と一緒に睡眠にも気を付けたいですね。
最後に胸元を清潔にしておくことです。
特に夏になると汗をかきやすくなるので、清潔な布やウェットティッシュなどでこまめに拭いたり、汗を描いたら下着や衣服を着替えたり、あらかじめ通気性の良い物にしておくのも良いでしょう。

肌を清潔にすることは大切ですが、やりすぎると逆にニキビができやすくなったりすっでに出来ているニキビが悪化してしまったりするそうなので、気を付けましょう。
また、あまりにもにきびがひどい場合は自分で何とかしようとせずに皮膚科で見てもらうのが良いのだそうです。

以上が胸ニキビの対処などになります。
出来たら嫌な胸ニキビ、何とか予防しておきたいですね。